機能

オンライン校正・ファイル管理で圧倒的な実績

ActiveAssetsは、10年以上にわたり印刷・出版をはじめ日本のメーカー企業などに利用されてきた、実績のある仕組みです。
ブラウザとプラグインを利用するだけで、高機能な校正システムとしてご利用いただけるだけでなく、多くのユーザーの声が機能として装備されています。

01 複雑な校正作業がクラウドサービスでらくらく

印刷メディアに関わる業務は社内・外を問わず多いのが特長です。ActiveAssetsはクラウドサービスのため、Webブラウザだけで始められます。また、他に比べグループ機能も充実。各ユーザーを自由にグループ分けできるので管理もカンタンです。

安全な国内クラウド環境で稼働

ActiveAssetsは地震にも強い国内クラウド環境で稼働しています。地震災害や国外にデータを保管する不安も少なく、クラウド設備も自社管理のため、安心してご利用いただけます。

インターネット環境でいつでもアクセス

Webブラウザだけでいつでもアクセスできます。いろんな立場のいろんな役割の方が使うファイル管理だからこそ広い環境のカバーが重要です。 ActiveAssetsは、WindowsやMacOSXをしっかりサポートしています。

個別の環境設定

各利用者が自分の好みの環境を設定できます。ファイルの表示数からメール通知の有無まで、いつでも同じ自分だけの環境で利用できます。

ゲストなら、さらにカンタンアクセス

初めての受け渡し先にはユーザーが自由に発行できる「ゲストID」が便利。4つに分類されたエリアから必要なリンクをクリックするだけの超カンタン操作だから、初めてのアクセスでも迷うことなく利用できます。またゲストがアクセスした時のセキュリティ確認もできるのでうっかりミスも防げます。

いつでもカンタンにURL付きメールを送信

ファイルを受け渡したい相手にたいして、セキュリティの権限内でいつでも登録場所URLの入ったメール「シンプルメール」を送信できます。受け取り側のユーザーはメール本文のURLをクリックするだけ。検索など煩わしい操作をしなくても目的のファイルを見つけられます。

02 大企業に認められたセキュリティ

自由自在なファイルアクセス設定

アクセス制御をフォルダやファイルに自由に設定可能。「見る」権限から「ダウンロード」や「アクセス期限」まで簡単に設定できるので、”明日までダウンロードできる”設定や、同じフォルダ内のファイルでも”A社は完成ファイルだけ表示”、”B社にはすべてのファイルがダウンロードできる”などの設定が簡単に行えます。

利用状況のログ管理

利用者のアクセス情報はすべてログとして記録されるため、管理者に求められるアクセス管理と追跡が容易に行なえます。ID情報やアクセスしたファイル名、またそのファイルへのアクションまですべて確認でき、さらにIPアドレスも同時に記録するため、なりすまし等の不正アクセスも認識できます。

セキュリティも万全

SSL暗号化通信やウィルススキャンも標準装備。不正アクセス対策やファイルのアクセス利用期限など、今必要とされている機能が当初から標準で装備されています。また、専用環境をご利用いただけばIPアドレスでのアクセス制御も可能です(別途お問い合わせ)。

IDごとのストレージ容量設定

アカウント管理者によって、各IDごとにストレージの最大利用値を設定することができます。そのためストレージ容量を無駄なく割り当てることができ、全体の最適化をはかれます。もちろん、設定変更はいつでも可能。急な容量追加が必要な時も、全体の利用割合を見ながら設定することができます。

IDごとの機能制御

各IDごとに特定機能を制限することができます。そのため、必要な機能を個別に割り当てることができ、利用者によりシンプルな利用画面を提供できます。もちろん、設定変更はいつでも可能。利用者のステップアップや業務環境に合わせたコントロールが可能です。

IDごとのゲストID発行制御

各IDごとにゲストIDの最大発行数を設定することができます。そのため、ゲストIDを無駄なく割り当てることができ、全体の最適化をはかれます。もちろん、設定変更はいつでも可能。急なニーズにも管理者が全体の利用割合を見ながら、すぐに設定可能です。

アクセスIPアドレス制限

ActiveAssetsのログインで使われるID・パスワード以外に、IPアドレスの制限を設定できます。これにより、より高いセキュリティを確保することができます。(専用サーバーサービス・オプション)

柔軟でカンタンなファイル共有

シンプルでわかりやすいツールでPDFや画像に複数のメンバーが同時に指示入可能。書き込まれた注釈はリアルタイムに反映され履歴も確認できます。

03 圧倒的にカンタン。そしてリアルタイム。

校正機能はPDF、画像ファイルを登録し共有するだけ。高性能なズーム機能とメモや丸・四角・線はもちろん定規まで装備。それぞれの注釈は「誰が、何時書いたのか」を確認できるだけでなく、注釈一覧を備えた印刷用の画面まで表示でき、それらは全員が1つの画面を共有するため、とりまとめが不要です。

初めてでもわかりやすいインターフェース

使える機能だけが表示される考え抜かれたインターフェース。初めての利用でも迷うことはありません。「人が使う」ことを最も大切にしたデザインだから、使えばつかうほど手放せないツールとなります。

04 ズーム表示が生かせる、大判の印刷校正

ズームビューの例ActiveAssetsは高解像度の画像やPDFを登録するだけで、内部に校正用拡大表示データを自動生成。そのため、ダウンロードすることなく、広告やチラシに多いA2やA1・A0サイズのデータでも、Web画面でスムーズに表示できます。

05 校正のグループ化からステータス管理までフローを設計!

ズームビューの例ActiveAssetsではファイルを登録して校正者を選ぶだけのシンプルな校正利用から、複数の校正作業を並行し、各校正者の進捗まで管理できる高度な校正機能までが備わっています。さらに、進捗のステータスも独自につけることが可能で、利用者ごとの運用にそった校正管理を行えます(進捗ステータスは高機能プロジェクト管理オプション)。

オンライン修正/確認ワークフロー機能「プロジェクト」

ActiveAssetsなら、登録したファイルへの修正指示・確認作業の進捗確認などをウェブブラウザでのカンタン操作だけで実現できます。【進行中】と【完了】のプロジェクトが自動的に分類され、商品ごとや締め切りごとに自由にグルーピングできます。ActiveAssetsならではの同時画面共有・書き込み機能は、グループディスカッションから指示入れ確認まで多彩な利用を可能にします。さらに、一斉通知メールの送信時は、メールの件名や本文を編集できるため、より具体的な通知が可能です。
※コメント書き込みのできるファイルは、ActiveAssets内で拡大表示できるファイルが対象です。

今見ているファイルライブラリ表示を一覧プリント

ライブラリで表示している一覧画面をコンタクトシートや確認用にプリントしたい時でも”ビューエリア書きだし”機能を使えば一瞬で簡易画面が作れます。そのままプリンタで印刷すれば手持ち資料として自由に使えます。

06 多彩な表示とドラッグ&ドロップでファイル管理も強力。

多彩なライブラリ表示

登録したファイルはサムネールやリストによる表示はもちろん、詳細表示や大きな画面プレビューなど多彩です。また、サムネールのサイズは4段階、さらにクイックなズーム表示も可能で使う人にあった画面表示が得られます。ファイルはプラグイン不要で登録・取り出しできるシンプルな機能から、大容量・複数のファイルやフォルダを高速・確実にドラッグ&ドロップでアップロードできるJavaマルチアップロードも装備しています。

プレビュー、詳細表示の例

パワフルなドラッグ&ドロップのファイル大量一括登録

ドラッグ&ドロップでカンタンアップロード大容量、複数のファイルやフォルダもカンタン・高速・確実にドラッグ&ドロップでアップロードできます。フォルダを含む複数のファイルを圧縮することなく受け渡しできるため、手間と説明を簡素化できます。また、WindowsやMacOSXでも使えるため、環境を選びません。標準で500ファイルまで、また容量も2GBまでをキーワードなどのメタデータとともに高速に登録できます。

検索機能

ファイル形式やメタ情報など、豊富な検索条件から必要なファイルをカンタンに探し出せます。また、ファイル登録にCSVを用いれば一括でファイル個別の情報を付加できます。

07 まだまだある納得機能

機能の利用制限

アカウントに装備されている機能は全体に利用するかどうかを制御可能です。たとえば、ゲストの自由な発行を制限したり、PDF変換のカラースペースのデフォルト値や解像度の上限値を設定したりできます。

画像変換

印刷用の高解像度画像からプレゼンやWeb用の低解像度へ一括変換してダウンロードできます。

自動メール通知機能

ファイルの共有やダウンロード時に通知メールを送信。相手がダウンロード時にも届くので受け取りもすぐにわかります。

日本語・英語サポート

ID毎にいつでも日本語から英語へ切り替えられます。画面だけでなく、メール文まで変更します。

CSVファイルアップロード

CSVで個別メタ情報を書き込みながらファイル登録が可能。メタ情報の書き出しも可能です。

20項目の自由なメタ情報

登録するファイルには自由にメタ情報を付加。検索にもCSVファイルアップロードにも活用できます

RGB・CMYK表示対応

印刷用のCMYK画像やPDFもモニタ表示に最適化して確認できます。/p>

ログイン画面を自社オリジナル画面に変更

ログインページやライブラリには常に自社ロゴ画像を表示できるので、ご契約のActiveAssetsサービスを自社ブランドのサイトとしてアピールでき、一般的な無料サービスとの差別化をはかれます。ロゴをクリックすると自社のWebサイトへとジャンプするリンクも設定できます。(標準装備)
また、ログイン画面には自社のブランドイメージをもった画像を配置することができ、自社ロゴとあわせて設定することでより自社システムとしてのブランドイメージを統一できます。もちろん、無料サービスなどで必ずといっていいほど表示される他社広告などは一切表示されません。(標準装備)

CONTACT

資料請求や説明のご依頼は、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

pagetop